おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    カテゴリ: 地球環境

    1: アトミックドロップ(catv?)@無断転載は禁止 2016/09/22(木) 09:24:32.56 ID:vFG0a1nF0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    数千年以上前から存在していた南極半島の棚氷が、近年相次いで崩壊している。
    このうち、南極大陸で4番目に大きなラーセン棚氷の亀裂が、過去半年で急速に拡大していることが、人工衛星の観測で明らかになった。
    温暖化の影響で消滅が早まる可能性が高まった。

     パステルカラーが美しいこの画像は、米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星が撮影したラーセン棚氷Cだ。
    南極半島の東岸にあるラーセン棚氷は、陸上の氷河や氷床が海に押し出されて陸上とつながった平坦な氷の塊で、かつてはA、B、Cと3つの部分に分けられていた。

     しかし地球温暖化の影響で、このうち、2000年以上前から存在していたと考えられていた棚氷Aは1995年、
    1万年以上の歴史を持つと推定されていた棚氷Bも、その7年後の2002年に崩壊し、わずか6週間で巨大な氷が跡形もなく溶け去った。

     米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所では、気象衛星の観測を通じて、最後に残った棚氷Cの監視を続けていたが、
    先月22日に捉えられた衛星写真の分析によって、棚氷に入った亀裂が過去6カ月間で22キロに広がり、130キロになったと発表した。

     割れ目が広がり、幅もさらに深くなると、氷の下から温かい海水が棚氷の中に浸み込んでバランスを崩し、
    他の部分や棚氷を押している大陸上の氷塊も海に流れ出るおそれがあるという。

     1893年、南極の海を航海したノルウェーの捕鯨船が発見したことから、
    ラーセン船長の名前をとって名付けられた巨大な棚氷は、わずか1世紀あまりで存続の危機にさらされている。

    南極で4番目に大きい氷 半年で亀裂広がる 崩壊寸前か?
    http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/6/16714.html
    no title

    no title

    黄色の箇所

    引用元: 【地球ヤバイ】南極で4番目に大きい氷に亀裂・崩壊の危機!東京都2個分の大きさ [無断転載禁止]©2ch.net

    【【地球ヤバイ】南極で4番目に大きい氷に亀裂・崩壊の危機!東京都2個分の大きさ】の続きを読む

    1: ランサルセ(長野県)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 21:16:57.75 ID:HsgDpgBK0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    NASAは、4万7000個以上の小惑星をとらえている強力な望遠鏡「ワイズ(WISE)」を使用して、
    小惑星の落下によって滅びる恐れのある国を割り出した。
    伝えられたところによると、4万7000個以上の小惑星のうち、107個が人類にとって重大な脅威となっている。
    地球に直径100メートル以上の小惑星が落下した場合、その地域では洪水、津波、竜巻などが発生し、複数の国が完全に滅亡するという。
    小惑星の落下によって滅びる恐れのある国は、英国、米国、中国、イタリア、インドネシア、フィリピン、ナイジェリア、日本、インド、ブラジルの10カ国。

    学者 小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281579225/
    no title

    引用元: NASA、小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表・・・日本ランクイン/(^o^)\

    【NASA、小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表・・・日本ランクイン/(^o^)\】の続きを読む

    1: ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/17(木)17:28:50 ID:V6dKUtPH1
    中国で深刻化している微小粒子状物質「PM2.5」などによる大気汚染が、
    北半球における異常な巨大嵐や大量降雨、大寒波などの重大な気候変動の原因になっている
    とする研究論文が16日までに、全米科学アカデミー紀要に発表された。
    論文は、昨年末から今年初めにかけて米国の東部を襲った異常な寒波にも影響していると指摘した。
    大気汚染が人体に深刻な影響を及ぼすことは多数報告されてきたが、地球規模の異常気象との関係が
    科学的に指摘され、衝撃が広がっている。(SANKEI EXPRESS)

    ■米科学者らが解析

    「(北半球で発生した)分厚く巨大な雲やおびただしい降雨を伴う嵐は、大気汚染の結果として生み出されたものだ」

    研究論文の主著者で、米カリフォルニア工科大学ジェット推進研究所のユアン・ワン博士研究員はこう断言し、
    北京を中心とする中国の大気汚染が気候変動に重大な影響を及ぼしているとの認識を示した。

    ※参考画像
    中国・安徽省の都市で、〝濃霧〟に覆われ、上部だけが雲の上に浮かぶ高層マンション=3月(ロイター)
    no title


    ソース
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140417/chn14041716450005-n1.htm

    引用元: 【国際】巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる[04/17]

    【【国際】巨大嵐、大寒波…中国の大気汚染が原因 地球の裏側まで影響、衝撃広がる[04/17]】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/13(日)09:04:02 ID:WaQ8obMFs
    no title

    中国・甘粛(Gansu)省の省都、蘭州(Lanzhou)市の水道水に、有害化学物質の
    ベンゼンが許容限度を超えるレベルで含まれていることが分かり、市民らが
    ボトル入り飲料水に殺到したと、国営新華社(Xinhua)通信が11日、報じた。
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

     新華社通信が地元環境当局の話として伝えたところによると、同市で10日と11日の2日間に
    実施された水道水の検査で、国が定める許容限度の20倍に相当する1リットル当たり
    200マイクログラムのベンゼンが検出されたという。

     芳香族化合物のベンゼンは無色の液体で、石油化学業界で用いられる基礎原料の一つ。
    人体がベンゼンにさらされると、がんなどの病気にかかるリスクが高まるとされている。

     国営の中国新聞社(China News Service)は、同市の一部で水道水の供給が中断され、
    市民らはスーパーマーケットに駆け込みペットボトル入り飲料水をわれ先に買い求めたと報じた。
     蘭州市の環境保護局は、汚染源の特定を急ぐと共に、さらなるサンプル検査を予定しているとしている。

     報道によると、水事業者のヴェオリア・ウォーター(Veolia Water)は有害物質汚染の
    原因について、同市を流れる黄河(Yellow River)の汚染によるものというよりは、
    化学工場からの排気に起因している恐れがあるとみているという。

     中国では国内の上水道の多くで、工場や農場からの有害廃棄物による重度の汚染がみられる。
    これは30年以上続く経済の急成長に加え、環境保護規制が緩いことが原因と考えられている。
    http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=4017822
    関連記事
    【画像】「4本までなら食べてた」中国で8本足のカエルが見つかる
    http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1397140361/l50

    引用元: 【画像】中国でペットボトル水に市民殺到 今度は「有毒水道水」

    【【画像】中国でペットボトル水に市民殺到 今度は「有毒水道水」】の続きを読む

    1: ぱぐたZ~時獄篇◆rTMtvE7.Bc 2014/03/30(日)16:50:16 ID:lHdWUzAk5
    神奈川県三浦市沖の貨物船衝突事故で流出した油が、千葉県富津市など
    東京湾沿岸に漂着し、同市の富津漁業協同組合は30日、富津海岸の
    潮干狩り場を閉鎖した。

    漁協によると、富津岬北側の海面に数日前、油が漂っているのが確認され、
    風向きによっては富津海岸にも漂着する恐れがある。営業再開は
    安全確認後になる見通し。

    ソース
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140330/dst14033016000005-n1.htm
    no title

    引用元: 【社会】流出重油漂着の恐れ…東京湾の潮干狩り場閉鎖、富津漁協

    【【社会】流出重油漂着の恐れ…東京湾の潮干狩り場閉鎖、富津漁協】の続きを読む

    このページのトップヘ