おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    カテゴリ: 地震

    1: ブラディサンデー(空)@無断転載は禁止 2016/05/02(月) 20:51:12.82 ID:opag/HMC0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    南海トラフ地震「発生が早くなる」可能性も 専門家が指摘

     2度の「震度7」を観測した熊本大地震。この激震は「次の地震」に影響を与える可能性があると専門家は指摘する。 

     東日本大震災以降、「次にくる大地震」の筆頭とされていた南海トラフ地震。30年以内の発生確率は60~70%と
    非常に高い。今月1日、研究者をヒヤリとさせる出来事が起きた。三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震が観測されたのだ。 

     ここでは、近年はほとんど地震が起きていない。フィリピン海プレートが陸側のプレートの下に沈み込む場所で、
    普段はプレート同士ががっちりくっついているからだ。そこが動いたとなると、巨大地震の始まりかもしれない。
    過去の地震は、この場所から破壊が始まっていた。 

     いまのところ事態が大きく動く様子はないが、京都大学の西村卓也准教授は言う。 

    「この場所にひずみがたまってきている一つの指標ではある」 

     地震の規模は最大でM9クラスを想定している。経済への影響は、コンビナートが津波で破損、流失するなど、
    生産・サービスの低下によって30.2兆円、
    東海道新幹線や高速道路の破損など交通の寸断によって4.9兆円と内閣府は試算している。 

     過去の事例では、最初に東側の東海地域で、次に連動して西側の南海地域で地震が起きていた。
    東西の発生間隔は、ほぼ同時ともいえるわずかな時間差から、数日、数年まで。
    海洋研究開発機構(JAMSTEC)地震津波予測研究グループの堀高峰さんは、 

    「やっかいなのは、東海と南海が時間差で起きるとき。これで終わりかと思ったら次の大きな地震が来るというのが怖い」 

     地震の予測でいま注目を集めるのは、地震の発生を早めたり、最後の引き金になったりする「トリガー」の存在だ。 

     例えば東日本大震災では、震源近くで2日前にM7クラスの地震が発生。堀さんはこう見る。 

    「隣接する地域で起きた地震によって、南海トラフにひずみがプラスされ、発生が早まると考えられます」
    http://dot.asahi.com/aera/2016042800283.html

    引用元: 三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘 [無断転載禁止]©2ch.net

    【三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘】の続きを読む

    1: オリンピック予選スラム(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 23:36:37.40 ID:ztWv/A740.net BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
    備蓄してよかった…自炊する避難所 西原村

     熊本地震で大きな被害を受けた熊本県西原村の河原地区。ここでは住民が米などの食料を自宅から持ち寄り、
    自炊しながら避難生活を続けてきた。
    山に囲まれ清流が流れる静かな農村だったが、16日未明の本震で道路は寸断し、多くの家屋が被害を受けた。

     西原村の河原小にある避難所を訪れると、避難生活を送る人たちが自ら炊き出しを行っていた。
    避難生活を送りながら炊き出しの責任者を務める緒方伸行さん(57)は
    「米などを住民たちが持ち寄り、炊き出しを続けています」と話す。
    この地域は農家が多く、その年に食べる米を自宅に蓄えている人が多いという。

     16日朝から、小学校にあった給食室で炊き出しを始めた。
    このときはまだ米がほとんどなく、避難してきた約700人が「1個の塩おにぎりを2人で分け」た。
    翌朝からは多くの住民らが自宅にある米や漬物を持ち寄り、その日の夕方には約300キログラムの米が集まったという。
    それから3日間は持ち寄った米で乗り切った。19日から救援物資が届き始めたという。

     緒方さんの妻、あゆみさん(55)は
    「もし食料の備蓄がなかったら3日間何も食べられなかったかもしれない。そう考えると恐ろしいです」と話す。

     あゆみさんは取材の最後に、ひとこと言いたいと切り出した。

    「わが家も災害用の非常食を常備してたんです。だけど地震で家の中がぐちゃぐちゃになり取り出せなかった。
    だからみなさんには、災害があっても確実に取り出せる場所に備蓄食料を置いておいてと伝えたいです」

    http://mainichi.jp/articles/20160426/k00/00m/040/070000c

    引用元: 災害用の非常食を常備しても、地震で家の中がぐちゃぐちゃになり取り出せない

    【災害用の非常食を常備しても、地震で家の中がぐちゃぐちゃになり取り出せない】の続きを読む

    1: オリンピック予選スラム(韓国)@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 19:36:23.58 ID:kBlUNEzZ0●?2BP(3000)
    熊本地震 阿蘇山「破局噴火」はいつ起こるか


    マグニチュード(M)7・3を観測した熊本地震の震源に近い阿蘇山で、小規模な噴火が起きた。
    気象庁は地震との関連に否定的な見方を示したが、火山の専門家は9万年ぶりの「破局噴火」への
    警戒を呼び掛ける。列島最大規模の噴火の過去を持つ阿蘇山。その可能性やいかに。(iRONNA)

     熊本地震は、日奈久・布田川断層帯の活動によって引き起こされたと考えられている。この断層帯上に
    は阿蘇山が位置し、今回の地震が噴火、特に巨大噴火を誘発するのではないか、との不安もある。

     気象庁が本格的に地震データの収集を始めたのは約100年前。これまで九州で震度7が観測された
    ことはなかった。そのため、今回の地震がいかにも「異常」であるかのような印象を与えるかもしれないが、
    決してそうではない。

     同断層帯はバリバリの活断層帯であり、過去に何度も大地震を起こしてきた。これらの断層活動は、
    フィリピン海プレートが日本列島に対してやや斜め向きに沈み込むため、横ずれ成分が大きい。
    さらには、この辺り、別府-島原地溝帯と呼ばれる地帯では、九州島が南北に引き裂かれるような
    変動も起きている。地震や火山などの地球の営みは人間のタイムスケールよりはるかに長いのである。

    http://www.sankei.com/premium/news/160424/prm1604240012-n1.html


    縄文文化を木っ端微塵にした鬼界カルデラの破局噴火
    no title

    引用元: 【緊急速報】 阿蘇山が間もなく破局噴火する可能性 破局噴火=九州全域の陸地が吹っ飛ぶレベルの噴火

    【【緊急速報】 阿蘇山が間もなく破局噴火する可能性 破局噴火=九州全域の陸地が吹っ飛ぶレベルの噴火】の続きを読む

    1: ファイナルカット(宮城県)@\(^o^)/ 2016/04/23(土) 14:04:18.13 ID:cRkhFqlG0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
    「落ちない巨石」が落ちた…熊本・南阿蘇村の「免の石」

    崖の割れ目にはさまり、宙に浮いたように見える熊本県南阿蘇村の奇岩「免(めん)の石」が16日未明の
    地震の影響で、割れ目から落下したとみられることがわかった。落ちそうで落ちない姿にあやかろうと、
    受験生らが訪れるパワースポットとして人気の観光地だった。

    「免の石」は、南外輪山(みなみがいりんざん)にある高さ約40メートルの崖にできた割れ目に、宙に浮いた
    ように挟まった縦3メートル、横2メートル、重さ約5トンの巨石。

    村観光協会などによると、落ちそうで落ちない姿から「災いを免れる」として、「免の石」と名付けられたという。
    「決して落ちない」「(岩場と岩場が)結びついている」というイメージから、受験生や縁結びを願う女性ら年間
    1千人ほどが訪れていたという。

    村や地元農協は2009年から、石の下まで行けるトレッキングコースを整備。石から1キロほど離れた山の
    中腹に展望公園を造るなど、観光資源として力を入れてきた。リピーターも多かったという。

    村職員で、免の石のツアーガイドを務める今村浩征(こうせい)さん(54)によると、前震の翌日の15日に
    展望公園から眺めた際は無事だった。だが、本震翌日の17日昼に確認すると、崖の割れ目に挟まっている
    はずの石はなくなっていた。余震の恐れがあるため、周囲には近付けず、石がどこに行ったかはわからないという。

    朝日新聞記者も22日昼、展望公園から崖を見た。村観光協会が配布するパンフレットの写真では、割れ目の
    幅が最も狭い崖の最上部近くに石が写っているが、割れ目には、ぽっかりと空洞ができていた。

    今村さんは「観光客も年々増えていた。夏休みにはライトアップなどの企画も考えていたのに残念で仕方が
    ありません」。(古庄暢)

    no title

    no title


    http://digital.asahi.com/articles/ASJ4Q5G71J4QPPTB00L.html

    引用元: 割れ目に挟まった「落ちない巨石」 熊本・南阿蘇村の「免の石」、地震で落ちる 石の行方は不明

    【割れ目に挟まった「落ちない巨石」 熊本・南阿蘇村の「免の石」、地震で落ちる 石の行方は不明】の続きを読む

    1: ジャストフェイスロック(愛媛県)@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 01:38:17.88 ID:k0CRAA7c0.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    海自最大艦「いずも」、初の災害派遣任務 陸自輸送で北海道・小樽出港

     海上自衛隊最大の艦艇であるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(1万9500トン)が、熊本地震の被災地支援にあたる陸上自衛隊輸送のため19日夕、北海道・小樽港から熊本に向けて出発した。

     「いずも」は空母のように艦首から艦尾まで続く「全通甲板」が特徴。全長は同じ全通甲板の護衛艦「ひゅうが」の1・25倍(248メートル)と海自最大で、昨年3月に就役した。
    熊本地震の被害拡大を受け、北海道から九州に派遣される陸自のトラックの積み込みなどにかかる時間短縮のため、母港である横須賀基地から初の北海道入り。災害救援の任務に初めてあたることになった。

     北海道からは約4100人が熊本地震救援のために派遣されることになっており、民間フェリーや航空自衛隊、米軍輸送機などで移動。「いずも」には北部方面隊の約160人とトラックなど40両が乗船した。

     今回の輸送責任者となる第1護衛隊司令の中筋篤・1等海佐は、「いずもの装備・能力の全力を発揮したい」と語った。

     現地で給水や給食、多目的支援を行う第1高射特科団の船盛博実・1等陸佐は「23日夕方までに着かなければならないが、いずものおかげで迅速に到着できる。
    東日本大震災で災害支援を行ってきたが、重要なのは消防、自治体など関係機関との連携だ。現地のニーズを把握して支援にあたりたい」と抱負を述べた。
    いずもには手術室やICU(集中治療室)、歯科治療室、ベッドも35床と病院並みに完備されている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/160420/afr1604200004-n1.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: 海上自衛隊第1護衛隊群旗艦・空母「いずも」、北海道の陸自車両を載せいざ熊本へ!

    【海上自衛隊第1護衛隊群旗艦・空母「いずも」、北海道の陸自車両を載せいざ熊本へ!】の続きを読む

    このページのトップヘ