おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    カテゴリ: 宇宙

    1: リバースパワースラム(家)@無断転載は禁止 [FR] 2016/11/25(金) 19:22:12.29 ID:lycoGU9r0
    常識破りの推進システム「EMドライヴ」は実現可能:NASA研究チーム発表
    http://wired.jp/2016/11/25/emdrive-peer-review/
    no title


    宇宙ロケットは通常、推進剤を宇宙空間に出力する反動で加速するが、そうした放出を必要としない推進法が「EMドライヴ」だ。これまで不可能とされてきたが、NASAチームは実際に真空で推進力を持つとする論文を発表した。

    これまで「不可能」とされてきた、マイクロ波を使った宇宙船の推進システム「EMドライヴ」説について、米航空宇宙局(NASA)の物理学者チームはこのほど、科学的に可能であるとする論文を発表した。

    EMドライヴ理論は、英国の技術者ロジャー・ショーヤーが2000年代に発表したもので、マイクロ波を鏡の密閉容器内で何度も反射させることによって宇宙船を加速するというものだ。
    反射の過程で発生する光子によって推力が得られるとされている。

    EMドライヴが実際に製造され、使用された場合、宇宙船はこれまでのような燃料を使わずに宇宙を旅することができるようになる。必要なのは、マイクロ波を得るための太陽電池などだけだ。

    EMドライヴ理論が発表されて以来、この推進装置の可能性については物議がかもされてきた。主な批判のひとつが、物理学の基本法則に反するというものだ。
    アイザック・ニュートンの運動の第3法則によると、あらゆる作用に対してそれと等しい反作用がある。
    既存のロケットエンジンやイオンエンジンは推進剤を出力する反動で加速しているが、放出される推進剤を必要としないEMドライヴはこの法則に反していると批判されてきたのだ。
    (略)
    「前方、後方、およびゼロ点(null)からの推力データによると、システムは一貫して1.2±0.1mN/kWで動作しており、これは大気中で測定した平均推進性能に非常に近いものであった」と論文には記されている。

    研究チームは、EMドライヴの推進メカニズムに関する仮説として、量子力学を解釈する理論を挙げている。実験で確認された力を説明するための「物理モデルは、非局所的な隠れた変数理論に分類できる」と論文には記されている。
    (略)

    引用元: NASA「作用反作用の法則に反する"EMドライヴ"が動いちゃったんだが…りょ…量子力学とか?」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【NASA「作用反作用の法則に反する"EMドライヴ"が動いちゃったんだが…りょ…量子力学とか?」】の続きを読む

    1: キドクラッチ(東京都)@無断転載は禁止 [US] 2016/11/07(月) 23:50:46.52 ID:I+Gpke6F0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    NASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作った。システムは、向こう5日間で地球に接近する小惑星を発見することができる。
    サイト「Universe Today」が報じた。
    同サイトが指摘するところ、5日は非常に短い期間に思われるかもしれないが、以前は地球に落下する数時間前にしか小惑星を発見できなかった。
    このように、新たなシステムにより落下による結果を前もって評価し、小惑星が落下する地域にいる人々を救う策を講じることができる。
    NASAはチェリャビンスク隕石のような小惑星を研究するため、地球近傍小惑星探査機「ニア・スカウト」を2018年に打ち上げる。
    そのような物体が地球に接近すると、探査機の1つが物体に近づき、物体表面の詳細な写真を取る。

    そー
    https://jp.sputniknews.com/science/201611052978974/

    引用元: 【アポカリプス衝突】NASA、小惑星の地球への激突5日前警告 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【アポカリプス衝突】NASA、小惑星の地球への激突5日前警告】の続きを読む

    1: トペ コンヒーロ(東京都【11:50 東京都震度2】)@無断転載は禁止 [ニダ] 2016/10/20(木) 11:56:42.73 ID:Woh3OcCx0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    なんと超巨大隕石が地球に衝突するかもしれないとの情報が入ってきた。具体的な軌道は未だ不明だが、近距離を通過しただけでも大地震、
    大津波など異常気象を引き起こす可能性が高いという。
    英紙「Express」(10月19日付)が、天体観測家らが巨大隕石「2000 ET70」を観測したところ、この隕石は今後地球に接近する可能性が高く、
    最悪の場合衝突するかもしれないことが分かったと報じている。ただ、具体的な被害の程度や、最接近の日時は判明しておらず、NASAや各国の
    宇宙開発機関からも未だ公式な声明は出ていないそうだ。
    また英紙「The Sun」によると、天文学者らが「2000 ET700」を観測したところ、直径が以前予測されていた2.6kmよりも更に大きく3kmを
    優に超えていることが分かったという。地球衝突時の被害は未知数であるが、壊滅的な被害をもたらすことは間違いなさそうだ。
    といのも、カナダ・ケベック州にある直径100kmの「マニクアガン・クレーター」は、およそ2億4万年前に5kmクラスの隕石が衝突して形成
    されたといわれているからだ。「2000 ET700」は直径3kmであるが、被害範囲は半径数十キロメートルに及ぶと見て良いだろう。
    とはいえ、数字だけでは隕石の大きさをイメージしづらいかもしれない。NASA研究員シャンタヌ・ナイドゥ氏が制作した「2000 ET700」と
    自由の女神の大きさを比較した画像をご覧頂こう。

    以下そー
    http://tocana.jp/2016/10/post_11228_entry.html
    no title

    no title

    引用元: 4年前に地球に接近した巨大隕石2000ET70、今度こそ地球に一直線!? 世界壊滅の可能性、NASAは奇妙な沈黙 [無断転載禁止]©2ch.net

    【4年前に地球に接近した巨大隕石2000ET70、今度こそ地球に一直線!? 世界壊滅の可能性、NASAは奇妙な沈黙】の続きを読む

    1: セントーン(東京都)@無断転載は禁止 [ニダ] 2016/10/15(土) 01:17:54.73 ID:0CZ49h8d0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    国際宇宙ステーション(ISS)の米国側モジュールで、謎の液体が流出した。13日木曜日、インテルファクス通信がロケット・宇宙産業の情報筋をもとに報じた。

    情報筋は次のように述べた。 「ISSの米国側モジュールにある外部カメラが10月10日、ステーションから何らかの物体が流出したことを示す白い粒子を記録した。」
    NASAの専門家はすでに状況を調べており、流出の原因と、どのシステムから発生したのかを特定しようとしている。 今年春、ISSの米国側モジュールで尿のリサイ
    クル装置が壊れた。不具合によりステーションでの飲料水供給作業が停止した。ISSには全部で3つのトイレがあり、1つはロシア側モジュール「ズベズダ(星)」にあ
    り、2つ目は米国側モジュールにあり、3つ目は移動可能だ。尿の飲料水へへのリサイクルが可能なのは、米国側モジュールにあるものだけだ。

    そー
    https://jp.sputniknews.com/incidents/201610142898940/
    no title

    引用元: 国際宇宙ステーション、お漏らし疑惑 [無断転載禁止]©2ch.net

    【国際宇宙ステーション、お漏らし疑惑】の続きを読む

    1: TEKKAMAKI(dion軍)@無断転載は禁止 [CN] 2016/10/17(月) 09:03:16.21 ID:a0iBKPDw0 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
     中国の有人宇宙船「神舟11号」が17日午前7時30分(日本時間同8時30分)、中国北西部の
    酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。センターの責任者が打ち上げ成功を宣言した。
    国営中国中央テレビが伝えた。2日以内に、9月に打ち上げた実験室「天宮2号」とドッキングする
    予定だ。中国人宇宙飛行士2人が天空2号に乗り移り、30日間滞在して、実験に取り組む。

     2022年の完成をめざす中国独自の宇宙ステーションの建設や運営に必要な技術を蓄える
    狙いがある。

     中国の宇宙当局によると、ドッキングや分離といった技術のテストのほか、宇宙に長く滞在する
    飛行士の人体への影響を小さくする研究などを進める。神舟11号は実験が終わると天宮2号と分離し、
    1日で地球に戻る予定。打ち上げから帰還までは計33日となり、中国の有人宇宙飛行としては
    最も長くなる
    http://www.asahi.com/articles/ASJBH73Y2JBHUHBI01W.html

    引用元: 中国の有人宇宙船「神舟11号」打ち上げ成功 [無断転載禁止]©2ch.net

    【中国の有人宇宙船「神舟11号」打ち上げ成功】の続きを読む

    このページのトップヘ