おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    カテゴリ: 宇宙

    1: ぱぐたZ~時獄篇◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/03(木)22:27:08 ID:RsuS2w0QD
    ★NASA、露との宇宙協力停止…ISS除き
    2014年04月03日 21時57分
     
    【ワシントン=中島達雄】米航空宇宙局(NASA)は2日、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の編入を受け、国際宇宙ステーション(ISS)を除く米露の宇宙関係の協力を停止したと発表した。


     ISSには現在、船長の若田光一さん(50)と、米国2人、ロシア3人の計6人の飛行士が滞在中。日本を含む15か国の協力で運用している。その中心となる米露の連携は保たれる。

     ただ、2011年の米スペースシャトル引退後、ISSへの飛行士の往復をロシアの宇宙船ソユーズに頼っている現状については、米国内で疑問の声が上がっている。NASAは発表で「2017年に再び米国の宇宙船で飛行士をISSに運ぶことを目指す」と述べ、宇宙船開発予算の削減を迫る米議会に対して理解を求めた。

    ソース
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20140403-OYT1T50125.html?from=ytop_main2
    no title

    引用元: 【国際】NASA、露との宇宙協力停止…ISS除き??[04/03]?

    【【国際】NASA、露との宇宙協力停止…ISS除き??[04/03]?】の続きを読む

    1: 百鬼夜行 2014/04/03(木)19:14:24 ID:kYM1gfWLx
    規模の大きな小惑星が新たに発見され、「潜在的に危険」クラスに指定された。

    2104 ER49と名づけられた。米国の「キャサリン」による今月8日の発見。天体はのち逸失したが、月末、再び出現した。再びの発見は24日、ロシアの天文学者レオニード・エレーニンによってなされた。ISON-NM自動天体望遠鏡が用いられた。
    地球と最も接近するとき、両者の距離は0.016天文単位(230万km)となる。この数字が0.05よりも小さいとき、小惑星は「潜在的に危険」クラスに分類される。
    小惑星の規模は700~750m。この大きさの天体がもしも地球に衝突したら、国がひとつ壊滅するほどのダメージとなると
    いう。しかし、衝突の危険はなさそうだ。7月20日、地球から上記の距離を通過する。
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_31/270488445/

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_31/270488445/
    http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396343508/
    no title

    引用元: 700mの小惑星発見、「潜在的に危険」7月20日地球に最接近

    【700mの小惑星発見、「潜在的に危険」7月20日地球に最接近】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/03/17(月)23:05:14 ID:Sj97CNq9m
    http://news.livedoor.com/article/detail/8640455/
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/3/a/3a0bf_259_463d626e_0712dc02.jpg
    ロケットニュース24 2014年03月17日17時00分
    国際宇宙ステーションがワームホールから無数に出現するUFO群を撮影か!? NASAの発表間近との予測


    広い宇宙には、我々がいまだ知らない何らかの生命体が確実に存在しているだろう。
    昔からUFOや宇宙人の目撃証言が存在するのだが、それら何時どのような形で、おおやけのものになるかはわからない。

    だが、最近YouTubeに公開された映像が、その日が近いかもしれないと伝えているのだ。
    国際宇宙ステーションで撮影されたとされる、その映像を見ると、何もない空間から無数のUFOらしきものが、
    姿をあらわしているのである。これは一体何なのだろうか?

    Incredible UFO Armada Caught By NASA 2014 HD Available - YouTube
    http://www.youtube.com/watch?v=sx3wTCKX-n0



    ・3月10日にISSが撮影か?
     この映像は、「ADGUKNEWS」が伝えているものだ。YouTubeの説明によると、
     2014年3月10日に国際宇宙ステーションから撮影されたものとしている。
     「ワームホール」を通じて、未知なる無数の艦隊が姿をあらわしたとしているのだが……。

    ・ワームホールを抜けて飛来?
     ワームホールとは、時空間のある点から別のある点に抜ける、抜け道のことを指す。
     たしかに映像を見ると、何もない場所から突然無数の光る飛行物体がとめどなく出現しているように見える。
     それが本当にワームホールを抜けて、あらわれているのか不明だ。
     ちなみにADGUKNEWSはNASAから何からの発表が行われるのではないか、との見方を示している。

    ・いつUFOがあらわれてもおかしくない
     また、宇宙ステーションが撮影したものとされているのだが、実際にどの位置でどの方角に向かってカメラを向けて、
     撮影できたのかという点についても触れられていない。だがいつ何時、UFOが地球上に出現してもおかしくはないだろう。
     UFOがあらわれないという保証はどこにもないのだから。
     はたして、これは本当にUFO艦隊なのだろうか? 真相が気になるところである。

    参照元: YouTube
    執筆: 佐藤英典
    no title

    引用元: 【宇宙】 国際宇宙ステーションがUFO群撮影か!? NASAの発表間近との予測 [03/17]

    【【宇宙】 国際宇宙ステーションがUFO群撮影か!? NASAの発表間近との予測 [03/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ