おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:オランダ

    1: セントーン(東京都)@無断転載は禁止 [ニダ] 2016/10/15(土) 00:58:08.61 ID:0CZ49h8d0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    オランダ政府では医療上の指標が原因ではなく死を望む人にも安楽死を認める法案作りが進められている。
    英ガーディアン紙は、この法案が成立すれば、オランダは人生に疲れて死を望む人もこれ選択する実践を拡大しようとしていると報じている。
    法案の策定は専門家社会との協議の結果、2017年末までに行なわれる。
    オランダは世界にさきがけ、2002年、快癒の見込みがなく耐えられぬほどの肉体的苦痛を味わう患者に対して安楽死を合法化した。
    スヒッペルス保健相は新たな基準の適用対象について高齢者のみとし、その理由は人生に別れを告げる望みが一番多い割合を占めるからと
    説明したものの、実際の適用年齢については明確にしていない。
    2015年、オランダで安楽死が行なわれた例は5516件。

    そー
    https://jp.sputniknews.com/life/201610142897063/

    引用元: 【朗報】オランダ政府、合法安楽死の対象を人生に疲れた人にも拡大へ [無断転載禁止]©2ch.net

    【オランダ政府、合法安楽死の対象を人生に疲れた人にも拡大へ】の続きを読む

    1: アトミックドロップ(栃木県)@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 08:45:42.40 ID:bi+0/eM/0● BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
    エロスに対する人類の追求心の強さを目の当たりにするオランダの「セックス博物館」に行ってきました

    世界には「死」に関するものを集めまくった異色の博物館など、さまざまな博物館が存在しますが、
    オランダ・アムステルダムには人類の「性」をテーマにした「セックス博物館」が存在します。
    どんな場所なのか気になったので、実際に行ってみました。

    建物に入ると、両側に大きなショーケースがあり……
    左側には人類の営みを描いた絵画などが展示されています。
    展示はショーケースに収まらず至る所に。階段もお尻と胸のオンパレードでした。

    クリスタル男性器。
    スペースの端っこには使用用途が謎の置物もありました。

    古代ローマの時代に作られたという男根像。
    世界史の教科書にのっていたのとはちょっと違う古代アイテムたちが並びます。

    音楽とリズムに合わせてコートを開け閉めする露出狂人形。
    ベッドの上で男女がまぐあう様子がリズミカルに表現されるオモチャも。かつての人はこれらの
    オモチャを娯楽として楽しんだのかもしれません。

    http://gigazine.net/news/20160925-making-love-museum/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    コンドーム膨らまし機という謎の機械が。
    http://i.gzn.jp/img/2016/09/25/sex-museum/P3900033.jpg

    引用元: 【画像】 オランダにあるセックス博物館の展示品がマジキチ  [無断転載禁止]©2ch.net

    【【画像】オランダにあるセックス博物館の展示品がマジキチ】の続きを読む

    1: サソリ固め(庭)@無断転載は禁止 2016/08/21(日) 22:37:49.85 ID:1Y/Ony950 BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
    オランダで「2025年までにガソリン車とディーゼル車を販売禁止」する法制化が進行中 - Autoblog Japan
    http://jp.autoblog.com/2016/08/21/2025-ban-gas-powered-cars-holland/
    今年の春、「2025年以降はオランダでガソリン車とディーゼル車の新たな販売を禁じる」という 法案がオランダ議会に提出されたことが明らかになったが、その後、この法案は立ち消えとなっていたわけではなかった。
    むしろ、法制化への勢いを増していたのだ。米国イェール大学関連の環境情報メディア 『Yale Climate Connections』によると、この法案を提出したオランダ労働党のヤン・フォス議員は、同法案は既に下院を通過しており、
    可決される"見込み"だと語っているそうだ。立法化されれば、ガソリンを動力とするいかなる車両にも適用されるそうで、近い将来にはハイブリッド車やプラグインハイブリッド車を販売することも違法となるらしい。
    この法律は現在保有されている自動車には適用されないため、こうした車両は今後も引き続きオランダの路上を走行することが許される。
    それにしても、この計画は非常に大胆なものであるが、フォス議員は、実現すれば新型 電気自動車(EV)の価格が低下して、より広い層の消費者がEVを購入できるようになるだろうと主張する。

    フォス議員はまた、オランダにおける充電インフラをさらに強化する必要性を論じているが、幸いにも、これについては進展がある。
    欧州の代替エネルギー政策について情報や統計データを提供しているEuropean Alternative Fuels Observatory(EAFO)によれば、
    オランダには約2万基の充電ステーションがあり、これは英国とフランスの充電ステーションの合計とほぼ一致する。
    つまり、オランダにおける一人当たりの充電ステーションの設置数は英国及びフランスの約8倍ということになる。

    不思議なことに、オランダでは純粋な電気自動車よりも、 プラグイン・ハイブリッド車の方がはるかに売れている。
    EAFOの統計を見ると、欧州における過去12カ月間のプラグイン・ハイブリッド車の新車販売台数では約30%をオランダが占める一方で、同時期のEV販売台数の同国が占める割合は約3%にとどまっている。

    引用元: 2025年までにガソリン車とディーゼル車の新規販売の禁止を法制化へ [無断転載禁止]©2ch.net

    【2025年までにガソリン車とディーゼル車の新規販売の禁止を法制化へ】の続きを読む

    1: ローリングソバット(福岡県)@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 22:40:43.57 ID:YOP5iVHH0.net BE:586999347-PLT(15931) ポイント特典
    慰安婦問題で日韓が合意したことを受け、台湾外交部(外務省)は28日、台湾の駐日機関である「台北駐日経済文化代表処」に対し、
    台湾の元慰安婦にも同様の対応を取るよう日本側に求めることを命じたと明らかにした。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00000105-mai-int

    インドネシアでも、元慰安婦への支援を求める声は根強い。
    日本の戦争責任について研究している国際未来研究所のヘンドラジット氏は
    「今回の日韓合意は外交的に現状を打破した。これを機にインドネシア政府もより積極的に問題に取り組んでほしい」と期待を示した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00000108-mai-asia

    今回の日韓政府の合意について、アジア女性基金によるオランダ人元慰安婦79人への
    医療福祉支援事業(1998~2001年)の実施責任者だったマルガリータ・ハマー・モノ・ド・フロワドビーユさんは、
    「日本政府による謝罪がなされるのは良いことだ」と評価した上で、「元慰安婦の多くが死ぬ中で、あまりにも遅い合意だ」と厳しい見方も示した。
    さらに、オランダ人元慰安婦の大半がアジア女性基金の支援を受け入れたものの、
    「日本政府が直接補償すべきだと多くの元慰安婦が考えていた」とし、オランダになお不満が残っていることも示唆した。
    オランダでは下院が07年、日本政府に慰安婦への公式謝罪と補償を求める決議を採択している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151228-00000107-mai-int
    no title

    引用元: 【悲報】台湾・インドネシア・オランダの元慰安婦「次は我々の番」

    【【悲報】台湾・インドネシア・オランダの元慰安婦「次は我々の番」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)15:00:21 ID:X0d
    オランダの都市フローニンゲンで、クラゲ型UFOが目撃されました。

    ハリー・パートンさんが撮影した嵐の風景写真の中に、それは写りこんでいました。
    クラゲのような形をした謎の物体が、荒れた雲の中に浮かんでいて、奇妙な青緑色の光を放っています。

    パートンさんの話
    「雨が弱まって外出できるようになるまで、私は印象的な美しい空を、部屋の窓から眺めていました」
    「空の写真を何枚か撮っていると、撮影中に突然フラッシュが光りました」
    「でもカメラのフラッシュは電源が入っていなかったので、稲光だろうと思ったのです」
    「その後、ブログに載せるために画像をチェックしているとき、UFOのようなものが写っていることに気づいたんです」

    パートンさんのカメラのレンズには水滴などはついていなかったとのこと。

    「私はUFO信者ではありません。これは多分、何らかの気象現象だと思います。
    嵐の雲の中を太陽光線が通過するときにこんな効果が生まれたんじゃないでしょうか」

    no title

    no title

    http://amenama.on.arena.ne.jp/?p=2294

    引用元: 【UFO】クラゲ型UFOが目撃される(画像あり)

    【【画像】クラゲ型UFOが目撃される(UFO)】の続きを読む

    このページのトップヘ