おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:地震

    1: チェーン攻撃(茸)@無断転載は禁止 2016/05/18(水) 20:40:18.31 ID:dgxgVW2B0 BE:155743237-PLT(12000) ポイント特典
    あかんやつや!人類の終末をもたらす火山から数マイルの所で地震が数百回を超え!
    Big one IMMINENT? Hundreds of earthquakes strike just miles away from apocalyptic volcano

    24時間以内に40回以上の地震が世界一ヤバい火山から数マイルで発生中
    MORE than 40 earthquakes have hit in less than 24 HOURS just miles away
    from one of the world’s most feared volcanos.

    2015/5/18 DIALY STAR
    http://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/516433/Hundreds-earthquakes-Mount-Hood-Mount-St-Helens-Yellowstone-disaster-volcano-eruption

    no title


    オレゴン富士のフット山のエリアで地震が多発して噴火の兆候を示している

    参考:オレゴン富士
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6c/Portland%26MtHood.jpg

    だが、ここは恐怖のイエローストーン火山からほんの800マイルの場所で、
    But the site is just 800 miles away from the fearsome Yellowstone volcano in Wyoming

    ここは専門家がここ数年、地球上を一掃する規模の最大級の火山大爆発が
    いつ起きてもおかしくないと警告していた場所
    For years experts have warned the massive volcano could erupt at any moment – and wipe out the planet.

    過去2ヶ月間セントへレンズ山でも100回以上地震が観測されている
    There have also been more than 100 earthquakes under nearby Mount St. Helens over the past two months.

    引用元: 【人類オワタ\(^o^)/】イエローストーン火山の周りで火山性地震急増!過去24時間でM2以上40回【ラスボス】 [無断転載禁止]©2ch.net

    【イエローストーン火山の周りで火山性地震急増!過去24時間でM2以上40回【ラスボス】】の続きを読む

    1: ブラディサンデー(空)@無断転載は禁止 2016/05/02(月) 20:51:12.82 ID:opag/HMC0 BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    南海トラフ地震「発生が早くなる」可能性も 専門家が指摘

     2度の「震度7」を観測した熊本大地震。この激震は「次の地震」に影響を与える可能性があると専門家は指摘する。 

     東日本大震災以降、「次にくる大地震」の筆頭とされていた南海トラフ地震。30年以内の発生確率は60~70%と
    非常に高い。今月1日、研究者をヒヤリとさせる出来事が起きた。三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震が観測されたのだ。 

     ここでは、近年はほとんど地震が起きていない。フィリピン海プレートが陸側のプレートの下に沈み込む場所で、
    普段はプレート同士ががっちりくっついているからだ。そこが動いたとなると、巨大地震の始まりかもしれない。
    過去の地震は、この場所から破壊が始まっていた。 

     いまのところ事態が大きく動く様子はないが、京都大学の西村卓也准教授は言う。 

    「この場所にひずみがたまってきている一つの指標ではある」 

     地震の規模は最大でM9クラスを想定している。経済への影響は、コンビナートが津波で破損、流失するなど、
    生産・サービスの低下によって30.2兆円、
    東海道新幹線や高速道路の破損など交通の寸断によって4.9兆円と内閣府は試算している。 

     過去の事例では、最初に東側の東海地域で、次に連動して西側の南海地域で地震が起きていた。
    東西の発生間隔は、ほぼ同時ともいえるわずかな時間差から、数日、数年まで。
    海洋研究開発機構(JAMSTEC)地震津波予測研究グループの堀高峰さんは、 

    「やっかいなのは、東海と南海が時間差で起きるとき。これで終わりかと思ったら次の大きな地震が来るというのが怖い」 

     地震の予測でいま注目を集めるのは、地震の発生を早めたり、最後の引き金になったりする「トリガー」の存在だ。 

     例えば東日本大震災では、震源近くで2日前にM7クラスの地震が発生。堀さんはこう見る。 

    「隣接する地域で起きた地震によって、南海トラフにひずみがプラスされ、発生が早まると考えられます」
    http://dot.asahi.com/aera/2016042800283.html

    引用元: 三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘 [無断転載禁止]©2ch.net

    【三重県の紀伊半島沖でM6.1の地震 地震専門家 南海トラフ地震の警告と指摘】の続きを読む

    1: フロントネックロック(庭)@\(^o^)/ 2016/04/19(火) 23:33:31.25 ID:84yH0YgI0●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典
    161 ストマッククロー(茸)@無断転載は禁止 2016/04/19(火) 21:03:05.86 ID:mjH0Sb3i0
    台湾の地震預測研究所

    3日以内に福岡県北九州市でM8+の強震

    http://quakeforecast.blogspot.jp/2016/04/2016-04-19-1351-utc8-3-m8.html

    引用元: 台湾の地震予測研究所「3日以内に北九州市でm8以上の大地震」

    【台湾の地震予測研究所「3日以内に北九州市でm8以上の大地震」】の続きを読む

    1: [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! ラダームーンサルト(庭)@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 23:36:40.70 ID:2EbA69ge0●.net BE:545512288-PLT(16445) ポイント特典
    平成28年04月18日23時23分 気象庁発表

    18日23時19分頃地震がありました。
    震源地は徳島県北部(北緯34.0度、東経133.7度)で、
    震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。
    各地の震度は次の通りです。
    なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

    徳島県  震度1  徳島三好市池田総合体育館 徳島三好市池田中学校*
              徳島三好市山城町* 徳島三好市西祖谷山村*
    高知県  震度1  本山町本山* 土佐町土居*

    この地震による津波の心配はありません。
    http://www.jma.go.jp/jp/quake/5/20160418232309495-182319.html
    no title




    【熊本地震】 西日本への拡大はあるのか 震源、熊本から大分へ
    2016.4.17 00:01

     熊本県で相次ぐ地震は、16日未明にマグニチュード(M)7・3の地震が起きて以降、
    阿蘇地方や大分県などの北東側へ活動域を延ばして活発化している。これほど広域に及ぶ
    「地震の連鎖」は異例のケース。四国や紀伊半島には大規模な断層帯が横断しているが、
    さらに拡大する可能性はあるのだろうか。
    http://www.sankei.com/west/news/160417/wst1604170014-n1.html
    no title

    引用元: 徳島で地震 これ九州から四国に拡大してきたの?

    【徳島で地震 これ九州から四国に拡大してきたの?】の続きを読む

    1: グロリア(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/16(土) 09:00:36.18 ID:pIV9jDPD0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
     熊本県で最大震度7、大分県でも同4を観測した14日夜の熊本地震。阪神大震災後に熊本県の
    活断層調査委員会の委員を務めた経験がある岡村真(まこと)高知大学防災推進センター特任教授(地震地質学)は、
    紀伊半島中部から四国、豊予海峡、大分、熊本へと続く国内最大級の活断層「中央構造線断層帯」の延長で起きたと指摘。
    「同じような地震は大分、愛媛などでも起きる可能性がある」として、日頃からの備えが大事と呼び掛ける。

     中央構造線では、過去約7300年の間に少なくとも5回、大地震が起きているという。最も新しいのが、
    別府湾の海底を震源とした1596年の「慶長豊後地震」。大分では、島が沈んだ瓜生島伝説もある。また、
    中央構造線近くの伊予(現在の愛媛県)、伏見(同京都府)でも数日間のうちに地震が発生したという記録が残っている。

     今後、中央構造線が広範囲に連動し、大地震を起こす可能性はあるのか。岡村特任教授は
    「どこにどのくらいの力がたまっているか、今の科学では分からない。影響する、しないは言えない」と話した。

     「報道を見る限り、古い建物が倒壊しており、たんすが倒れてきた、と話す人も多い。どこでも地震は起きるし、
    南海トラフ地震の場合は津波が来る。だが、けがをすると逃げられないこともある。
    近い将来への想像力を働かせ、家具の固定をするなど日頃の備えが大切だ」とした。
    http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/04/16/002835116

    引用元: 岡村防災特任教授「中央構造線での地震。1596年には数日で大分-愛媛-京都大地震。南海トラフはヤバい」

    【岡村防災特任教授「中央構造線での地震。1596年には数日で大分-愛媛-京都大地震。南海トラフはヤバい」】の続きを読む

    このページのトップヘ