おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:墜落

    1: ダブルニードロップ(大阪府)@無断転載は禁止 2016/08/26(金) 07:17:47.14 ID:BuibeI3v0● BE:711292139-PLT(14121) ポイント特典
    つい先日イギリスにて初飛行に成功した、世界最大の航空機「Airlander 10」。
    ヘリウムガスとエンジンで飛ぶハイブリット飛行船となる同機は、なんと2回目のテスト飛行の際にロープが電柱に引っかかり、ダイナミックに地面へと衝突してしまいました。

    全長が92mとなる巨大なハイブリッド飛行船のAirlander 10は、これまでイギリスのカーディントン飛行場にて整備やテスト飛行を行ってきました。
    今回の落下は通常の航空機とは違いふわっとしたものだった…のですが、はやりその巨大な機体のせいか、コックピット付近には大きなダメージが見受けられます。
     
    Airlander 10の開発を進めているHybrid Air Vehicles社は今回の事故について、「すべてのクルーは安全な状態にあり、怪我もない」と短くつぶやいています。
     
    Airlander 10は元は米国政府向けに開発されたハイブリッド飛行船でしたが、その後計画は頓挫し、Hybrid Air Vehiclesによって民間用の機体として開発が進められていました。
    その全長は世界一大きなジェット機「An-225 ムリーヤ」よりも、さらに8メートルほど長くなっています。また、飛行速度は92マイル/h(約150km/h)ほど。空をゆっくりと飛行します。
     
    このAirlander 10のペイロードは10トンで、運送や調査、さらには顧客輸送にも利用される予定です。
    さらにHybrid Air Vehiclesは50トンの物資を運搬できるより大型な「Airlander 50」も計画しています。今回の事故にめげず、大型ハイブリッド飛行船の未来を切り開いてほしいものです。

    no title


    https://youtu.be/Mg-RPTiVa_Q



    http://sorae.jp/030201/2016_08_25_lander.html

    引用元: 【動画】街の仲間「電柱」さん、世界最大の飛行船をダイナミックに撃墜 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【動画】街の仲間「電柱」さん、世界最大の飛行船をダイナミックに撃墜】の続きを読む

    1: 河津落とし(大阪府)@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 10:50:32.13 ID:Cpqwvldc0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    またUFOかよ、どうせまた光やら点が動いているだけだろ?と思うのかもしれないが、今回は正真正銘のUFOであり、非常にくっきりと映ってしまっているのだから大騒ぎとなるはずだ。
    場所はなんと青森県立美術館。そこにUFOが墜落したと、公式アカウントが述べているので間違いない。公式だから間違いはないはずだ。

    なんと本当にUFOらしきものが墜落しているではないか!いやちょっとまて、UFOはUFOでもこれはちょっと美味しいUFOじゃないのか?とにかく本物のUFOであろうとなかろうと、この場の光景はあまりに異様なのである。
    なにせこのような巨大なUFOが落ちているのだから。

    というノリはさておき、これはどういうことなのだろうか。日清焼そばU.F.O.都のコラボレーションということなのだろうか?

    そもそも本当に存在するのだろうか。

    実は実際に存在するようだ。
    この巨大「UFO」は、京都在住のアーティスト・岡本光博さんが制作したオブジェで、8月1日に同館で始まる「化け物展」出展作品の一つだという。

    コラボレーション華道家は判らないが、なぜか絵が反転しているのでUFOではなく「O.F.U」だ。

    http://www.yukawanet.com/archives/4914763.html

    no title

    https://twitter.com/aomorikenbi/status/626671147518660608/photo/1

    引用元: 【速報】青森にUFOが墜落

    【【速報】青森にUFOが墜落】の続きを読む

    1: エクスプロイダー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 11:19:33.25 ID:UimrDJSM0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    飛行機墜落した
    no title

    https://twitter.com/god_masaki/status/625123604334690304

    試合してるとき飛行機すぐそばで墜落した!
    no title

    https://twitter.com/Atsushi0035/status/625126713018572801

    調布市富士見町で セスナ機墜落。 炎上中です。
    https://twitter.com/oyaji3216/status/625126589068521472

    引用元: 【速報】調布で小型プロペラ機が墜落

    【【速報】調布で小型プロペラ機が墜落】の続きを読む

    1: トラースキック(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 12:25:24.70 ID:HBUQItT50.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
     9日午前10時45分ごろ、長野市長野元善町の善光寺境内で小型無人機(ドローン)が墜落する騒ぎがあった。
    善光寺は御開帳の期間中で、境内では「中日庭儀大法要」と呼ばれる儀式が開かれており、大勢の僧侶や見物人がいたが、けが人はいなかった。

     ドローンは、僧侶や稚児行列ら800人の行列が山門から本堂に向かって歩いている最中に、山門の真下の石畳の上に落ちた。

     法要を取材中に目撃した本紙記者によると、「カシャン」という音がして振り返ると、ドローンが地面に落ちていた。
    ドローンに気付いた見物人からはどよめきがおこった。どこから飛んできたかは分からないという。

     ドローンを回収した長野中央署は、持ち主が名乗り出るのを待って、本人に返還する方針。

    善光寺境内にドローン墜落 御開帳の儀式、けが人なし
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015050990115629.html


    リンク先に動画有り
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150509/k10010074161000.html
    no title

    引用元: 善光寺境内にドローン墜落 御開帳の儀式中あわや僧侶に激突寸前

    【善光寺境内にドローン墜落 御開帳の儀式中あわや僧侶に激突寸前】の続きを読む

    1: パイルドライバー(愛媛県)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 13:07:30.14 ID:fRSpof8r0.net BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    首相官邸にドローン ヘリポートに墜落か確認急ぐ

     22日午前10時半ごろ、東京都千代田区永田町の首相官邸の屋上ヘリポートで、小型の無人飛行機「ドローン」があるのを、官邸職員が発見した。
    警視庁麹町署は、ドローンが墜落した可能性があるとみて捜査を始めた。ドローンには、小型カメラや発煙筒のようなものが積まれていたことから、何者かが意図的に侵入させた疑いもあるとみて調べている。

     警視庁によると、発見されたドローンは1機。直径約50センチで、プロペラが4枚ついたヘリコプター型だった。
    カメラや発煙筒のほかペットボトルのような容器も積まれており、危険がないか確認を急いでいる。

     これまでに、官邸関係者が侵入や墜落の様子を目撃したとの情報はない。けが人や、建物の破損なども確認されていない。安倍晋三首相は外遊中で官邸にはいなかった。

     ドローンは各分野で活用が進んでいるが、フランスでは昨年以降、大統領府周辺などで不審な飛行が確認され、今年1月には米国のホワイトハウスで墜落し、テロへの悪用など警備面での懸念が強まっていた。

    http://www.sankei.com/affairs/news/150422/afr1504220016-n1.html

    共同通信公式@kyodo_official
    捜査関係者によると、首相官邸の屋上で見つかった無人小型機「ドローン」には、放射能を示すマークがあった。 #番外 @kyodo_official
    https://twitter.com/kyodo_official/status/590714586858450944
    no title

    引用元: 首相官邸屋上に落ちたドローン、発煙筒やペットボトルを積み放射能を示すマークも 放射脳によるテロか

    【首相官邸屋上に落ちたドローン、発煙筒やペットボトルを積み放射能を示すマークも 放射脳によるテロか】の続きを読む

    このページのトップヘ