おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:奇形

    1: 張り手(チベット自治区)@無断転載は禁止 [FR] 2016/11/08(火) 09:08:22.69 ID:P2u1hJV/0 BE:415581673-PLT(18000) ポイント特典
    2013年には、フロリダ沖で捕獲されたオオメジロザメという胎生のサメの子宮内から双頭の胎児が見つかって話題になったし、 2008年にはインド洋でも双頭のヨシキリザメの胎児が発見されている。
     2011年には、カリフォルニア湾内とメキシコの北西沖で捕獲されたメスのヨシキリザメの子宮内から発見された双頭の胎児を詳しく調べた論文も発表されている。
    実は、これまでに双頭の胎児が発見されているサメのほとんどがヨシキリザメだ。2011年の論文で研究チームを率いたメキシコ国立工科大学のフェリペ・ガルバン・マガーニャ氏によると、
    ヨシキリザメの子宮には一度に50匹近くも胎児が入っていることがあり、数が多い分、奇形が見つかりやすいのだという。(参考記事:「世界でサメを撮ってきた」)

    今回の発見には特別な意味がある。トラザメのような卵生のサメで双頭の胎児が発見されたのは、これが初めてなのだ。(参考記事:「共食いも胎盤も! サメは「繁殖様式のデパート」」)
    双頭のサメはめったに見つからないので、突然変異の原因を特定するのは難しい
    サンス・コーマ氏らによると、双頭の突然変異の原因は遺伝子の異常にあるようだ。この胎児はほかの800匹近くの胎児と一緒に実験室で育てられていたため、
    研究者たちの知るかぎり、サメの卵はいかなる感染症、化学物質、放射線にもさらされていなかった。(参考記事:「動物の奇形:3つ目のカニ、双頭のカメ」)
    一方、野生のサメの奇形については、ウイルス感染症、代謝障害、汚染のほかにも、乱獲で遺伝子の多様性が失われたことによる遺伝的異常など、さまざまな原因が考えられる。(参考記事:「イルカの健康被害、原油流出の影響か」)

    no title

    no title

    no title


    ソース抜粋
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/16/110700421/

    引用元: 頭が2つあるサメの報告が世界で増加、原因不明 [無断転載禁止]©2ch.net

    【頭が2つあるサメの報告が世界で増加、原因不明】の続きを読む

    1: ラ ケブラーダ(SB-iPhone)@無断転載は禁止 [US] 2016/10/10(月) 14:32:51.92 ID:+IKt17mO0 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    原発事故の爪痕が東京にも…。動物ジャーナリストの佐藤栄記氏(54)が
    東京の失われゆく自然の中でもがきながら生きる希少生物などを
    定点観察したドキュメンタリー映画「PHANTOM オブ PARADISE」を完成させた。
    映像では、2年前から増えているという奇形生物の実態も判明。
    “救出活動”を続ける佐藤氏は「放射性物質が地中に蓄積していることが原因の可能性もある」と重大指摘している。

     同作は9月25日、東京・杉並区の劇場で上映された。
    佐藤氏は2014年から東京都内の“秘境”に通い詰め、約170時間の撮影で、生物たちの姿を捉えた。

     舞台は東京・板橋の荒川河川敷。工場や野球場などに囲まれて突如出現する手付かずの草原だ。
    東京23区では珍しいチョウゲンボウやモズなどの鳥が飛来し、コウモリが群れで舞う。
    雨後の水たまりにはカエルやヤゴ、「東京都レッドリスト」に指定されていないものの、
    貴重なハイイロゲンゴロウの幼虫の姿もあり、まさに生物の楽園だ。

    佐藤氏は「生物が生きていくためには水が必要。池があればヤゴは羽化してトンボになれるが、
    水たまりでは数日で干上がって死んでしまう」と話す。水枯れしそうな場所に産みつけられた卵や幼虫を自宅で飼育し
    成虫にしてから“元いた場所”に戻す救出活動をたった一人で行っている。

     だが、救出作戦を開始してほどなく、区が同地を整地する計画があると知る。管理者に草原を残すことを提案したが
    聞き入れられず、あっという間に着工。目前で重機が草木を刈り取り、大木を切り倒し、
    ショベルカーのフォークが幼虫のいる土を容赦なく掘り返し、踏みつけていった。

    「不思議に思っていたら戸田橋花火大会(板橋側では「いたばし花火大会」)の少し前に整地されたこの場所に仮設
    トイレが10個くらい並んだ。花火を見るのに木がジャマだったのでしょう。区は河川氾濫時に危険と説明しているが、
    錆びた看板などは撤去していない。花火の混雑緩和のために待機所にもしたかったのでしょう」(佐藤氏)

    http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/602104/

    片目が欠損したカエル(佐藤栄記氏写真提供)
    no title

    引用元: 東京で奇形生物が増えている…「放射性物質が地中に蓄積していることが原因の可能性も」と識者 [無断転載禁止]©2ch.net

    【東京で奇形生物が増えている…「放射性物質が地中に蓄積していることが原因の可能性も」と識者】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/10(木)23:32:41 ID:ex7JmbxT6
    2014年4月9日、法制晩報によると、中国・北京市南部を流れる凉水河で
    8本足のカエルが見つかった。
    周辺住民は奇形カエルの発見に興味津々だが、同時に「原因は一体何なのか」と
    不安の声も漏らしている。
    no title

    カエルを見つけたのは近隣住民の男性。釣りをしていたところ、
    この8本足のカエルが釣れたという。
    カエルは体長約30センチ、色も身体の形状もごく普通だが、脚の数だけが普通ではなかった。
    近所の住民が次々にカエルを見に訪れたが、口々に
    「4本足なら食べても、8本足じゃ食べようとは思えない」と不安げに話している。

    こうした奇形のカエルが見つかることは、実は珍しいことはない。
    古くは16世紀にはすでに同様のカエルが見つかったことが記録に残っており、
    1995年8月には米ミネソタ州で3本足のカエルが見つかり話題となった。
    中国でも吉林省や河南省で脚に異常が認められるカエルが何度も見つかったことが
    ニュースでも報じられたほか、2005年には北京市でやはり8本足のカエルが見つかっている。

    専門家によると、カエルのような両生類は環境による後天的な遺伝子異常が発生しやすく、
    人体に直接的な影響がないとはいえ、食用にはしないほうが無難だという。
    中国科学院動物研究所の専門家は、こうした異常は水質だけでなく、
    動物が誤って薬品を食べたり、放射線や強い紫外線を浴びたりしても発生するなど、
    多くの原因が考えられると話している。
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=86349&type=

    5本 南京 2014年4月1日
    no title

    no title

    no title

    7本 湖南省 2014年4月5日
    no title

    no title

    引用元: 【画像】「4本までなら食べてた」中国で8本足のカエルが見つかる

    【【画像】「4本までなら食べてた」中国で8本足のカエルが見つかる】の続きを読む

    このページのトップヘ