おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:小惑星

    1: キドクラッチ(東京都)@無断転載は禁止 [US] 2016/11/07(月) 23:50:46.52 ID:I+Gpke6F0 BE:416336462-PLT(12000) ポイント特典
    NASAは「小惑星来襲」早期警戒システムを作った。システムは、向こう5日間で地球に接近する小惑星を発見することができる。
    サイト「Universe Today」が報じた。
    同サイトが指摘するところ、5日は非常に短い期間に思われるかもしれないが、以前は地球に落下する数時間前にしか小惑星を発見できなかった。
    このように、新たなシステムにより落下による結果を前もって評価し、小惑星が落下する地域にいる人々を救う策を講じることができる。
    NASAはチェリャビンスク隕石のような小惑星を研究するため、地球近傍小惑星探査機「ニア・スカウト」を2018年に打ち上げる。
    そのような物体が地球に接近すると、探査機の1つが物体に近づき、物体表面の詳細な写真を取る。

    そー
    https://jp.sputniknews.com/science/201611052978974/

    引用元: 【アポカリプス衝突】NASA、小惑星の地球への激突5日前警告 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【アポカリプス衝突】NASA、小惑星の地球への激突5日前警告】の続きを読む

    1: 膝靭帯固め(家)@無断転載は禁止 [FR] 2016/10/28(金) 19:19:36.14 ID:59Z7lnQK0 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    直径64キロの小惑星衝突か=月の三重リング地形-国際チーム
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102800035&g=int
    no title


    月の「東の海」の三重リング地形は、約38億年前に直径64キロの小惑星が秒速15キロの高速で衝突した後、地殻を構成する比較的熱く軟らかい岩石が流動して形成された可能性があると、米マサチューセッツ工科大などの国際研究チームが発表した。
    論文は28日付の米科学誌サイエンスに掲載される。

    米航空宇宙局(NASA)の2機ペアの月周回探査機が2012年末まで約1年間、重力の分布を詳細に観測したデータに基づき、コンピューターでシミュレーションした。
    小惑星が衝突した当初は直径約390キロのクレーターができたとみられるが、岩石の流動で消滅したという。

    三重リングは、地球から見える月面の表側と見えない裏側の境界付近に位置し、外側の輪郭の直径は約930キロ。
    太陽系が約45億年前に形成された後、地球や月、火星などに小惑星が多数衝突する時期があったと考えられており、研究成果は地表の形がどのように変化してきたかの解明に役立つという。

    引用元: 【宇宙ヤバイ】月(直径3500km)に小惑星(直径64km)がぶつかるとどうなる?→直径930kmの三重リング地形 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【宇宙ヤバイ】月(直径3500km)に小惑星(直径64km)がぶつかるとどうなる?→直径930kmの三重リング地形】の続きを読む

    1: ブラディサンデー(タイ)@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 13:36:08.82 ID:elIqP1R70●.net BE:565421181-2BP(3000)
    画像
    no title


    ドクロ形小惑星、ハロウィーンに地球接近


    NASAによると、この小惑星は「2015 TB145」。直径約600メートルの球形で、
    約5時間の周期で自転している。プエルトリコにある天文台が撮影した画像では、
    目や鼻にあたる部分が黒っぽく写り、ドクロのように見える。

    http://www.asahi.com/articles/ASHB036LKHB0UHBI016.html?iref=comtop_photo

    引用元: 【怖すぎワロタwww】 リアルどくろべえ型小惑星が地球に向かって猛接近中 間もなく激突の見込み

    【【怖すぎワロタwww】 リアルどくろべえ型小惑星が地球に向かって猛接近中 間もなく激突の見込み】の続きを読む

    1: チェーン攻撃(四国地方)@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 17:58:11.70 ID:+01fMZ5j0●.net BE:284465795-PLT(13000) ポイント特典
    将来、地球に迫るかもしれない惑星から私たちは守られることができるでしょうか。
    no title


    アメリカとヨーロッパによる共同作戦「ミッションAida」が始まろうとしています。
    「Didymoon」として知られる160メートルの惑星と
    それと一緒に回る750メートルの惑星「Didymos」の軌道を変えられるかを
    二つの宇宙船を使って調査します。一つはぶつかり、
    一つはその衝撃をモニタリングします。これによって、
    惑星の地質や構造、衝突によってどのような反応が起こるのかを観測します。
    将来の地球の危機に対応するための知識として役に立つだろうとして、
    NASAも3千万円の投資をするようです。2020年10月に実施予定とのことです。
    http://www.scienpost.com/archives/1041553701.html

    引用元: 地球の衝突する小惑星の軌道をそらすために、欧米で共同作戦が開始される

    【地球の衝突する小惑星の軌道をそらすために、欧米で共同作戦が開始される】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/18(土)15:28:56 ID:8qI
    小惑星「2011 UW-158」が日曜日、地球から240万kmの距離まで接近、通過する。
    この小惑星の大きさは500メートル程度であるが、質量1億トンのプラチナの核が
    存在していると考えられている。その価値は日本円で580兆円に相当する。
    小惑星通過の様子はカナリア諸島の天文台からインターネットで生中継される予定。

    no title

    http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-3165222/Asteroid-worth-3-TRILLION-precious-metals-set-pass-Earth-Sunday-watch-live.html

    引用元: 580兆円相当のプラチナでできた小惑星が地球に接近(画像アリ)

    【580兆円相当のプラチナでできた小惑星が地球に接近(画像アリ)】の続きを読む

    このページのトップヘ