おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:小惑星

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(豚)@\(^o^)/ 2015/01/17(土) 16:37:51.60 ID:5rhb4GvI0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    小惑星2004 BL86が2015年1月末、地球と月の距離の3倍の120万キロという記録的な近さまで接近する。

    今回は最近200年における最接近となる。なお、2027年には小惑星1999 AN10が、地球へさらに近くまで接近するという。

    天文学者たちによると、小惑星2004 BL86の大きさは、約500メートル。

    米航空宇宙局(NASA)は、小惑星2004 BL86が近い将来、地球に脅威を与えることはないと主張している。

    なお、大きな小惑星が地球にこれほど近くまで接近することで、新たな情報の入手や観測にとっては貴重な可能性が得られる。

    http://japanese.ruvr.ru/news/2015_01_17/282160522/
    no title

    引用元: 1月26日 地球に巨大な小惑星が接近

    【1月26日 地球に巨大な小惑星が接近】の続きを読む

    1: ランサルセ(長野県)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 21:16:57.75 ID:HsgDpgBK0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    NASAは、4万7000個以上の小惑星をとらえている強力な望遠鏡「ワイズ(WISE)」を使用して、
    小惑星の落下によって滅びる恐れのある国を割り出した。
    伝えられたところによると、4万7000個以上の小惑星のうち、107個が人類にとって重大な脅威となっている。
    地球に直径100メートル以上の小惑星が落下した場合、その地域では洪水、津波、竜巻などが発生し、複数の国が完全に滅亡するという。
    小惑星の落下によって滅びる恐れのある国は、英国、米国、中国、イタリア、インドネシア、フィリピン、ナイジェリア、日本、インド、ブラジルの10カ国。

    学者 小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281579225/
    no title

    引用元: NASA、小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表・・・日本ランクイン/(^o^)\

    【NASA、小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表・・・日本ランクイン/(^o^)\】の続きを読む

    1: ぱぐたZ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/23(水)22:08:45 ID:I9QYVQSSh
    [ケープカナベラル(米フロリダ州) ロイター]
    米非営利団体「B612財団」は22日、都市を破壊する力を持つ小惑星が地球に衝突する可能性について、
    これまで科学者らが考えていた以上に高いことが分かったと発表した。

    包括的核実験禁止条約機関が集めたデータによると、2000─2013年に大気圏内で爆発した
    小惑星の数は26に上った。この中には昨年2月にロシアのチェリャビンスク州で起き、
    1000人以上が負傷した爆発も含まれる。

    元宇宙飛行士でB612財団の共同設立者であるエド・ルー氏は「小惑星による影響は
    非常にまれだと一般的に考えられているが、これは間違っている」と述べた。

    ルー氏はまた、大きさ約40メートルの小惑星でも都市を破壊できると指摘。
    「大きな集合住宅がマッハ50(時速約6万1250キロ)で向かってくることを想像すればいい」と述べた。
    〈以下略〉

    ソース
    ロイター
    http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0D905220140423

    引用元: 【宇宙】小惑星の地球衝突リスク「予想以上に高い」、米団体の指摘[04/23]

    【【宇宙】小惑星の地球衝突リスク「予想以上に高い」、米団体の指摘[04/23]】の続きを読む

    1: 百鬼夜行 2014/04/03(木)19:14:24 ID:kYM1gfWLx
    規模の大きな小惑星が新たに発見され、「潜在的に危険」クラスに指定された。

    2104 ER49と名づけられた。米国の「キャサリン」による今月8日の発見。天体はのち逸失したが、月末、再び出現した。再びの発見は24日、ロシアの天文学者レオニード・エレーニンによってなされた。ISON-NM自動天体望遠鏡が用いられた。
    地球と最も接近するとき、両者の距離は0.016天文単位(230万km)となる。この数字が0.05よりも小さいとき、小惑星は「潜在的に危険」クラスに分類される。
    小惑星の規模は700~750m。この大きさの天体がもしも地球に衝突したら、国がひとつ壊滅するほどのダメージとなると
    いう。しかし、衝突の危険はなさそうだ。7月20日、地球から上記の距離を通過する。
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_31/270488445/

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_31/270488445/
    http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1396343508/
    no title

    引用元: 700mの小惑星発見、「潜在的に危険」7月20日地球に最接近

    【700mの小惑星発見、「潜在的に危険」7月20日地球に最接近】の続きを読む

    このページのトップヘ