おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:幽霊

    1: メンマ(北海道)@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 00:15:25.34 ID:0tM6y2Gf0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    「重力波」初観測でUFO・幽霊・パラレルワールドなど、あらゆる超常現象が解明される!? オカルトが科学になる可能性【前編】

    ■「重力波」は、あらゆる超常現象を解き明かす鍵となるか?

     今回の偉業に、当然ながら世界のオカルト愛好家たちも衝撃を受けている。
    そもそも、重力波が存在すること自体は過去に間接的に示されてきたが、それが直接観測されたことはなく、
    予言したアインシュタイン自身さえ「存在しない」と語ったことがある。そのため、重力波の存在を疑う研究者も存在し、
    オカルト的な文脈で語られることも多かったのだ。それが今回、現実に観測されたインパクトは極めて大きい。

     オカルト界において、重力波はさまざまな超常現象の原因とも捉えられてきた経緯がある。たとえばSF映画『インターステラー』では、
    未来人(5次元生命体)が次元を超越する重力波を操ってメッセージを送信するなど、重力波の存在が大前提のストーリーが展開されていた。
    また、米空軍の秘密基地「エリア51」で宇宙人の指導のもとUFO研究に従事していたという物理学者ボブ・ラザー博士は、
    「UFOの推進力は重力波である」と証言している。現在のテクノロジーにおける飛行物体は、物質を後ろに放出することによる反作用を利用して推進力を得ている。
    しかし地球外知的生命体のテクノロジーでは、進行方向に向けて重力波を発して時空の歪みを作り、そこに引き寄せられる形で(まるで歪みをサーフィンするかのように)推進力を得るというのだ。

    ■「重力波」を知ることで地球人は高度な知的生命体になる

     つまり、オカルト界で研究の対象とされる人智を超えた超常現象の数々は、この重力波の存在と、それを自由に操る超高度なテクノロジーに
    よって十分に発生し得るということだ。そして今回、とうとう人類は重力波の存在を直接観測することに成功した。次なる目標は、宇宙の謎を解き明かすのみならず、
    重力波を自らの手で生み出し、コントロールする技術を確立することへと変化するはずだ。それが達成された暁には、もはやオカルトがオカルトではなくなり、
    宇宙における知的生命体としての人類は、本当の意味で高度な存在へと地位向上を果たすことになる。

    http://tocana.jp/2016/02/post_8880_entry.html
    no title

    引用元: 【重力波】UFO、幽霊、パラレルワールドなどの現象が解明される?…オカルトが科学になる可能性

    【【重力波】UFO、幽霊、パラレルワールドなどの現象が解明される?…オカルトが科学になる可能性】の続きを読む

    1: フロントネックロック(庭)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 02:00:51.63 ID:UAkpUpej0.net BE:595621929-PLT(15000) ポイント特典
    幽霊が存在するかどうか?正直なところまだハッキリとわかっていません。
    しかし、オカルト的な存在ではなく「エネルギー的な存在としてありえる」「別次元の存在としてありえる」という声もあるのは事実です。
    幽霊を信じる信じないは別として、今回は、幽霊を召喚する(呼ぶ)方法を3つご紹介したいと思います。

    1. 合わせ鏡で召喚
    鏡と鏡を向かい合わせることで、まるでトンネルのように奥行きがある世界が映し出されます。光は鏡に反射するたびに分散されていくので、奥になればなるほど暗くなり、見えなくなります。

    試しにやってみましょう。どうでしょうか? 幽霊も何も映らないですか? それもそのはず、丑三つ時(深夜2:00~2:30ごろ)にやることで、
    幽霊が鏡の置くから召喚されるという言い伝えがあります。さて、現れるでしょうか?

    2. ひとりでかくれんぼして召喚
    たったひりでかくれんぼをするだけで、幽霊の召喚が可能です。どこでも可能ですが、誰もいない家でやるのが成功率が高いといわれています。
    ひとりで物陰やクローゼットに隠れていると、誰もいないはずなのに、あなたを探す足音や物音が聞こえてきます。

    召喚の精度が高い場合は、幽霊の声や姿、影などもとらえることができるそうです。深夜にやると召喚確率が高まるらしいですよ。

    3. 食事を用意して召喚
    ひとりの家で、ひとりの部屋で、ひとつのテーブルに、ふたり分の食事を用意し、対面に人がいることを想定して食事をしましょう。
    そして、あたかも誰かがいるかのように、会話をしながら食べましょう。

    もちろん、あなたひとりしかいないので、あくまで「誰かがいることを想定して会話」をするわけですが、そうしているうちに、
    あなたの頭の中に、いるはずがない誰かの声が聞こえてきます。そう、それは幽霊の声。あなたは幽霊の召喚に成功したわけです。

    http://buzz-plus.com/article/2015/05/04/yurei/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: 【恐怖】お前ら幽霊とか見たことある? 幽霊を呼ぶことができる簡単な3つの方法

    【【恐怖】お前ら幽霊とか見たことある? 幽霊を呼ぶことができる簡単な3つの方法】の続きを読む

    1: 膝十字固め(空)@\(^o^)/ 2015/01/09(金) 17:34:36.29 ID:lfE2ADt70.net BE:436283611-2BP(1500)

    引用元: 【閲覧注意】イギリスで車を追いかけてくる幽霊が撮影される・・・ 怖すぎワロタ【動画】

    【【閲覧注意】イギリスで車を追いかけてくる幽霊が撮影される・・・ 怖すぎワロタ【動画】】の続きを読む

    1: 名無しさん 2014/04/10(木)02:50:05 ID:ex7JmbxT6
    no title

    幽霊探知アプリで見えた!女性が恐怖のあまり不眠に―中国
    2014年4月7日、台湾・東森新聞は、霊の存在を探知するという
    スマートフォン用アプリケーション「幽霊探知機」を使用した女性が、恐ろしさのあまり
    夜も眠れなくなったという事例を紹介した。
    no title

    果たして携帯アプリが幽霊を探知することは可能なのだろうか?
    武漢市に住む呉さん(23)は2週間前に同僚からこのアプリの存在を聞き、
    自分の気が小さいのは分かっていたものの、好奇心からダウンロードした。

    週末に両親と墓参りに行く機会があったので、このアプリを使ったところ、身辺に
    「3つの幽霊」を探知。呉さんは恐怖のあまり出社はおろか人に会うことさえ嫌がるようになってしまった。

    心配した母親が呉さんを病院へ連れて行ったところ、呉さんは幻覚や不眠といった、
    不安からくるノイローゼを発症していることが判明した。
    母親は「娘は気が小さく、幼いころ言うことを聞かない時はよく幽霊の話を持ち出して
    言うことを聞かせた」と説明。
    呉さんを診断した医者は、子どもが物心つかないうちは決して幽霊や怖い人の話などで
    脅したりしないように、さもないと生涯子どもの精神に影響を与えることになりかねないと
    アドバイスした。
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=86189
    幽霊探知機
    no title

    no title

    no title


    中国吉林省長春市に住む徐さん(28)
    世にも恐ろしいアプリ「幽霊探知機」をDLした女性、怖すぎて一睡もできなくなる―中国メディア
    http://news.livedoor.com/article/detail/8641256/

    引用元: 【心霊】引きこもってしまった彼女がスマホ用幽霊探知アプリで見たものとは・・・

    【【心霊】引きこもってしまった彼女がスマホ用幽霊探知アプリで見たものとは・・・】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2014/05/05(月)23:15:58 ID:xPpa95KE8
    最近ユーチューブに幽霊が人間を襲う不気味な動画が投稿され
    た。廊下を歩いている男性を幽霊が突然襲う様子を防犯カメラ
    がとらえた。

    人間のような影が男性を足で蹴飛ばし、倒れた男性の足をつか
    んで、引きずって連れ去ろうとするが、男性は振り切って逃げ
    ることに成功した。


    以下原文はこちらから 動画あり
    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_05_05/yurei-bideo/

    引用元: 【話題】カメラがとらえた!幽霊が人間を襲う (ビデオ) [14/05/05]

    【【話題】カメラがとらえた!幽霊が人間を襲う (ビデオ) [14/05/05]】の続きを読む

    このページのトップヘ