おぷ速

2ちゃんねる&おーぷん2ちゃんねるまとめ ニュースやらVIPやら

    タグ:NASA

    1: ランサルセ(長野県)@\(^o^)/ 2014/12/22(月) 21:16:57.75 ID:HsgDpgBK0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    NASAは、4万7000個以上の小惑星をとらえている強力な望遠鏡「ワイズ(WISE)」を使用して、
    小惑星の落下によって滅びる恐れのある国を割り出した。
    伝えられたところによると、4万7000個以上の小惑星のうち、107個が人類にとって重大な脅威となっている。
    地球に直径100メートル以上の小惑星が落下した場合、その地域では洪水、津波、竜巻などが発生し、複数の国が完全に滅亡するという。
    小惑星の落下によって滅びる恐れのある国は、英国、米国、中国、イタリア、インドネシア、フィリピン、ナイジェリア、日本、インド、ブラジルの10カ国。

    学者 小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_22/281579225/
    no title

    引用元: NASA、小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表・・・日本ランクイン/(^o^)\

    【NASA、小惑星の落下によって滅亡する恐れのある国10カ国を発表・・・日本ランクイン/(^o^)\】の続きを読む

    1: ジャンピングエルボーアタック(徳島県)@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 07:09:41.96 ID:6X2B+CFp0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
    過去に撮影された月面の写真上に、廃墟の壁とも思える神秘的な物体が発見された。
    UFO研究者が指摘するところによると、地球外文明の住人によって作られた、放棄された戦略的対象物の可能性がある。

    インターネットメディアが報じるところによると、この物体はアメリカ航空宇宙局NASAのアポロ15号の任務中に撮影された。

    NASAはこの写真についてコメントを控えている。著名なUFO研究家でブロガーであるスコット・ウォーリング氏は、
    NASAが、火星及び月の写真を白黒で発表するのは、一般の人々が重要な建造物や発見物に気付かないようにさせるためであるとしている。

    アポロ15号の任務は1975年に終了した。しかし、月面の写真は未だに大きな社会的センセーションを巻き起こしている。

    ロシア情報通信、フェデラル・プレス

    http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_19/281486536/
    no title

    引用元: 【宇宙ヤバイ】 月面で地球外文明の遺跡が見つかる

    【【宇宙ヤバイ】 月面で地球外文明の遺跡が見つかる】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2014/06/03(火) 12:46:09.07 ID:???0.net
    将来の火星探査で、有人宇宙船や探査機を軌道上から安全に着陸させるための減速装置「LDSD」の実験を、
    ハワイ沖上空で今週以降に実施すると、米航空宇宙局(NASA)が2日発表した。
    直径約4.6メートルの「空飛ぶ円盤」のような形状。実験では、カウアイ島にある米海軍のミサイル施設から
    気球で上空に運ばれ、ロケット噴射で高度約55キロまで上昇。
    円盤の上面を進行方向に向け、最大速度マッハ4で飛行した後、外周にあるエアクッションを膨らませ、
    空気抵抗を利用してマッハ2.5まで減速する。最後は大型パラシュートを開いて海に着水する計画だ。

    火星は大気が非常に薄く空気抵抗が小さい。重量のある宇宙船が着陸する際にパラシュートだけでは
    安全に減速できないため、この装置の開発を進めた。軽量コンパクトで瞬時に膨らむエアクッションは、
    ハワイの海にも生息する愛嬌のある魚ハリセンボンに着想を得た。
    NASAは14日までの気象条件の良い日に飛行実験をする予定。(共同)

    no title

    http://sankei.jp.msn.com/science/news/140603/scn14060308530001-n1.htm

    引用元: 【宇宙】NASAがハワイ沖で「空飛ぶ円盤」実験、火星着陸を想定(画像あり)

    【NASAがハワイ沖で「空飛ぶ円盤」実験、火星着陸を想定(画像あり)】の続きを読む

    1: 紅茶家電◆gJlUXgVCjw 2014/04/18(金)12:20:08 ID:crJAQ1tgo
    【ワシントン=中島達雄】
    地球から約500光年離れた宇宙で、地球そっくりの惑星を見つけたと、米航空宇宙局(NASA)などの研究チームが
    17日、米科学誌サイエンスに発表する。

    太陽に相当する星からの距離を考えると、生命にとって重要な水が、液体として存在する可能性があるという。同様の
    太陽系外惑星は数個見つかっているが、地球とほぼ同じ大きさという例は今回が初めて。

    この惑星ははくちょう座の方向にある「ケプラー186f」。昨夏、運用をやめた宇宙望遠鏡ケプラーの観測データから判
    明した。地球から遠いため、大気の有無や生命がいるかどうかを確かめることは難しい。田村元秀・東京大教授(系外
    惑星天文学)は「水や生命の兆候を見つけるには、より近い地球型惑星の探査が鍵だ」と話した。

    読売新聞
    http://www.yomiuri.co.jp/science/20140417-OYT1T50170.html

    引用元: 【科学】地球そっくりの惑星、水も存在?500光年先に[4/18]

    【【科学】地球そっくりの惑星、水も存在?500光年先に[4/18]】の続きを読む

    1: ぱぐたZZZφ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/16(水)22:02:15 ID:2JzKGNpqg
    宇宙空間の暗闇を泳ぐ青いオタマジャクシの様に見える宇宙空間のガスとちりの固まり。
    米航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope)が捉えた。

    ?IRAS 20324+4057、通称「おたまじゃくし(the Tadpole)」の「頭」の部分には、星形成の初期段階である「原始星」が複数存在する。
    そのうち、黄色に輝く原始星が画像では最も明るく、大きく写っている。
    この原始星が周囲から十分な質量を獲得すると、「一人前の星」になる。

    ?強い青色の発光は、周囲の星々からIRAS 20324+4057に照射されている紫外線で、長く波打つオタマジャクシの「尾」も描いている。

    ?大きさは、頭から尾の先まででおよそ1光年。太陽の質量の4倍に相当するガスで構成されている。

    ソース
    http://www.afpbb.com/articles/-/3012742

    引用元: 【宇宙】宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡が捉える[04/16]

    【【宇宙】宇宙を泳ぐ青色の「おたまじゃくし」、ハッブル宇宙望遠鏡が捉える[04/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ